個人再生でも借りられる消費者金融

借金を整理する方法の1つに個人再生があります。

個人再生は裁判所を通じて借金を減らしてもらう手続きになるようです。

住宅を手放す事なく手続きを行えますし、家族にも影響はないんだとか。

自己破産に比べると気軽な手続きになるのかもしれません。

借金返済が楽になるなどのメリットがある一方、ブラックになるというデメリットがあります。

ブラックというのは個人再生などを行う事で、金融事故者となった人を示した言葉です。



法的に借金を整理する事で、消費者金融側から信用がない人だと判断される事になります。

そうなると、信用情報機関という所に事故情報が記録されブラックになってしまいます。

一度記録されるとしばらくは消えないので、しばらくはブラックのまま過ごすしかありません。

一生ではないですが、5~10年は借入ができなくなります。

時効以外にブラックを消す方法はないので、ブラックとは上手く付き合っていくしかありません。



信用情報機関は多くの会社が加盟していて、情報が共有されています。

なので、自ら個人再生をした事を告げなくても信用情報機関をチェックすればすぐにわかります。

信用情報機関は審査の際にチェックされるようで、事故情報がある時点で審査通過できない消費者金融も沢山存在しています。

事故情報がある限り審査通過はできないので、ブラックに対応していない消費者金融の利用は避けましょう。



全ての消費者金融でブラックに対応していないわけではないので、消費者金融次第では借りられる可能性も十分にあります。

ブラックへの貸付自体は違法ではないので、利用条件を満たしていれば借りられる可能性はあります。

安定した収入があるなど条件を満たしていれば、借りられる可能性はあるようです。



ブラックにも対応しているのは中小の消費者金融ですが、中小では独自審査が行われています。

独自審査なので利用する消費者金融によって条件が異なりますが、難しい条件ではないと思うので審査通過率は高いと思います。

ちなみに個人再生でも手続き中は借入はしない方が良いでしょう。

借入がバレれば手続きは取り消されてしまいます。

手続きが完了すれば借入できる消費者金融も見つかると思うので、中小消費者金融で申し込みをしてみる事をオススメします。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。