総量規制でも借りられる消費者金融 有無

消費者金融では貸付上限が決められているので、いくらでも借りれるわけではありません。

貸付上限は年収の3分の1までと決められています。

上限以上の借入は望めないので、計画的に利用する方が良いと思います。



総量規制があるという事で、必然的に収入がある事が消費者金融の利用条件になります。

無収入の場合は、消費者金融は利用できません。

これは大手中小に関わらず共通して言える事です。

基本的な消費者金融の利用条件は、収入の有無だと言えるでしょう。



収入があれば借りられる可能性はありますが、消費者金融ごとで独自審査が行われるので、借りられない場合もあります。

大手など利用者の多い所は審査基準も厳しいので、借りられない場合が多いです。

借りやすい消費者金融を利用したいなら、中小のように利用者の少ない所が良いと思います。



利用者の少ない所だと、基本的な条件を満たしていれば借りれる可能性があります。

それにプラスされるとすれば、人柄くらいでしょう。

中小だと大手と違い人が審査を行ってくれるので、丁寧な審査になります。

過去より現状重視なので、現状に問題がなければ借りれる可能性は高いです。



中小なら大手で借りれなかった人も貸付対象になっている事が多いので、審査に申し込んでみると良いでしょう。

中小は闇金と勘違いされる事がありますが、全くの別物です。

闇金は悪徳業者ですが、中小は正規業者です。

法に基づいた貸付が行われるので、安心して利用できる所ばかりです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。